産後骨盤矯正

 

産後のママに多く見られるトラブル「腰痛」

まず、1番多いのは産前、出産時による歪みによる「腰痛」です。

出産時は最大限に骨盤を緩めて、赤ちゃんを子宮から体外へと出すので、産後すぐは骨盤がゆるみ、開いた状態になっています。
骨盤が歪んだ状態のままでは多くの人は骨盤まわりのどこかに痛みを感じます。
産後に歩けないほどの腰痛が起きる場合は、骨盤の歪みが原因の可能性が非常に高いです。

もともと運動をしていた人であれば、筋肉が鍛えられているので、骨盤が元の位置に戻るのも比較的早いのですが、
普段からあまり運動をしていなかった人は戻りが遅くなり、腰痛が長引きがちです。

 

そして、次に多いのが育児による「腰痛」です。

育児では赤ちゃんを抱っこしたり、赤ちゃんの体重を支えながら授乳をしたりと、
今までの生活ではあまり使わない筋肉を酷使することになります。

特に長い時間抱っこをすることで腰への負担が増し腰痛が起こりやすくなります。
抱っこのしすぎで腱鞘炎を起こし腰痛とダブルで痛み、家事もままならないほどの人も少なくないです。

 

最後に、今注目されているのがストレスによる「腰痛」です。

育児はストレスとの戦いだとよく言われますが、これは本当に大変な問題で、ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れ、血行が悪くなります。
産後は運動不足になりがちで、ただでさえ血行が悪い状態ですが、精神的な負担が加わることで腰痛を起こすと言われています。

産後は生活ががらっと変わるの為、家事と育児の両立でストレスを感じやすく、さらに旦那さんが家事や育児をしてくれないときは、ママへの肉体的・精神的なストレスが爆発するなんてことも・・・

また、夜中の夜泣きや授乳・おむつ替えなどで寝不足・・・
睡眠がしっかりとれないことで、身体の回復力が低下し、日常の疲労がたまり、結果的に腰痛を引き起こすなど、そういったストレスが原因で、腰痛を引き起こしているのかもしれません。

 

腰痛を症状に合わせて丁寧サポート

 
当院では産後のケアにお悩みの方を症状や痛みの状態に合わせて丁寧に改善へとサポートさせていただきます。
産後に腰が辛くなった方や育児で腰痛が生じたという方には、骨盤矯正によって改善が期待できる場合もございます。
また、骨盤の開きが気になっている方には、産後骨盤矯正やリアラインコアという骨盤を閉めるメニューもご用意しております。
十分なカウンセリングとお体のチェックのもとで、最適な方法をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。
 
科学的根拠のある腰痛治療
 

米国医療政策研究所(AHCPR)が作成した『成人の急性腰痛治療ガイドライン』では、
従来行われていた強制牽引などほとんどの腰痛治療法に科学的根拠がないとされています。

その中で効果が証明されているのが、脊椎回旋運動を合わせた脊椎マニピュレーション(カイロプラクティックやオステオパシーなど)です。

当院では症状に合わせて4つの方法で脊椎マニピュレーションを行います。

 
 

バキバキしない!

 
 
 
 

中村鍼灸接骨院では、患者様のお身体への負担を軽減させる為に『バキバキ』鳴らす矯正はせずに、
アクチベーター』と呼ばれるバネの力を応用した振動器具を使用します。
直径約1.3cmの断面で、関節に適切な圧力をかけます。
その振動で、滞った神経の流れをスムーズにすることができる、神経バランスを整える治療法です

神経は、身体をコントロールする役割をしています。
筋肉や内臓、また痛みなど全て脳と神経の役割で働いています。
神経の伝達がスムーズでない場所は筋肉も硬くなったり弱くなったりし、骨格も歪みます。
 
また、自律神経バランスが崩れるため、内臓の機能低下も引き起こす原因となります。
腰痛や肩こりなどの痛みを感じるのも、痛みを抑制する神経が障害されている状態ですので、
アクチベーターで圧迫をとることで、痛みが軽減させることが出来ます。
 
 

骨盤の開きや歪みには産後骨盤矯正&リアライン・コア

 
 
 
妊娠・出産で開いたままになっている骨盤には産後骨盤矯正とリアライン・コアがオススメ!
当院の産後骨盤矯正は骨盤・股関節・仙骨・腰椎などのバランスを整えるので、その場で変化を実感して頂けます。
特に、産後に股関節までユルくなっている方が非常に多く、下半身に力が入れにくくなってしまっているのを、よく見受けます。
リアライン・コアは特殊なユニットを装着した状態で、簡単な運動をしてもらうことで骨盤や胸郭の歪みが整っていきます。
 骨盤だけでなく肋骨まで歪みが出ている方にオススメです。
 

また、全身に歪みが出ている方・体質改善を目指す方には猫背矯正がオススメです。

 

ひどい腰痛でお悩みの方には腰部減圧治療

 
 
 
 
急性期のひどい痛みがある場合は、『プロテック』と呼ばれる医療機器を使用し腰部にかかる圧力を減圧し治療します。
これはWBC2017日本代表の小久保監督が現役時代に腰痛を克服した際に使用したことで有名な機器で、
身体の60%といわれている上半身をかかえ上げた状態で固定し、
その状態(椎間板内圧を下げた)を保ちながら腰部・下肢部等の運動療法や、
浅層筋から深層筋まで万遍なくストレッチングされるため、各部の筋肉の緊張がとれ、血流を促進させます。
また上半身を抱え上げただけの治療法は「1993年より行われた、ミネアポリス大学の腰痛治療臨床試験の結果、
腰痛患者1,129名中92.9%の患者に、この方式の腰痛治療が非常に有効である」と報告されています。
 
 
 
 

つらい痛みを一人で抱え込まないで!!

 一言に腰痛と言っても様々な症状や原因があります。
また、腰痛を放置することで、姿勢が崩れたり、別の場所に負担がかかり、違うケガにつながったりします。
楽しい育児ライフを過ごすためにも、痛いのを我慢せず
ぜひ、中村鍼灸接骨院にご相談下さい。