記事

接骨院って何をするところ?

こんにちは♪

京都/城陽の姿勢・猫背矯正の専門家、中村鍼灸接骨院の中村です。

日頃、職業を聞かれたときに「接骨院をしてます。」と答えると、

「接骨院って何をするところなんですか?」

と聞かれる事が結構あります。

なので、この場で説明したいとおもいます♪

接骨院とは

 

接骨院とは柔道整復師という日本の伝統医療の国家資格を持つ資格者が行う施術所のことです。

「ほねつぎ」や「整骨院」という名称も使用される事があります。

 

接骨院って何をするところ?

接骨院は、主に捻挫・打撲・挫傷(肉離れなど)・脱臼・骨折などのケガを治療する所です。

ただし、骨折と脱臼は応急の場合を除き医師の同意(口頭でよい)が必要となります。

厚生労働省の認可を受けているため、負傷理由のハッキリした急性のケガであれば、

療養費受給制度という制度で健康保険を使用し治療を受けることが出来ます

同様に、労働災害保険自動車賠償責任保険の利用も出来ます。

 

つまり、日常生活やスポ-ツ、仕事中や通勤途中、交通事故でのムチウチなどのケガを

それぞれに対応した保険を使用して治療の出来る施術所です。

 

また、理由のハッキリしないケガや痛み不調であっても、自費での治療で対応しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です